頂上富士館★山頂しょうゆカップラーメン

本日は、山の日です。


今年は、富士山に登ることにしました。

以前に吉田ルートからチャレンジしましたが、今回は一番難易度が高いと言われる御殿場ルートにチャレンジです。


標高約1,450mにある静岡県の御殿場口新五合目から富士山頂を目指しました。
普通に歩くと、山頂まで7時間近くかかる道程のようです。


朝日


御殿場口新五合目
御殿場口新五合目


朝の早い時間帯は運行しているバスがありません。

そのため、御殿場から御殿場口新五合目まではタクシーで向かいました。
(早朝割増し料金込みで約7千円弱くらいです)



入山協力バッチ

富士山が世界遺産に登録されて以降、自然環境の保護のために富士山保全協力金を募っているそうです。

富士山保全協力金を支払うと、こちらのバッチをもらえました。



御殿場口

御殿場口から富士登山を開始です。



大石茶屋
大石茶屋


一つ目の山小屋は、登山開始から10分程度でたどり着けました。


この御殿場ルートは、標高差約2,300mの7時間コースにも関わらず、この大石茶屋を含め、営業している山小屋が4つしかないという過酷なコースです。

次のトイレ&ドリンク補給ポイントがあるわらじ館までは、約4時間らしいです。



そのため、ここで万全の準備が必要になります。

富士山の4ルートで最も過酷なルートゆえに、連休中でも混雑が少ないという特徴があるようです。



登山

頂上を目指して、砂利道を進みました。



次郎坊
次郎坊



登山


砂利道のため、ズズっと足元が滑り、蟻地獄にハマった蟻のような気分になることもありました(^^;;



2000m
2000m



雲



雲の上

雲が眼下に広がるようになりました。



登山


登山


山小屋

ようやく山小屋かと思ったら、山小屋は休業中でした。



雲が綺麗



雲が綺麗

雲と空がきれいです。



6合目


ようやく6合目です。


この辺りから少し景色が変わってきて、ゴツゴツした岩が増えてきました。



岩場



3000m
3000m



分岐

初めての分岐です。


御殿場ルートは、登山ルートと下山ルートが別になっており、ここで合流する形になっていました。

つまり、今まで下山者とすれ違うことがなく渋滞もなかったけれど、これ以降は、道を譲りあって登る形になります。



7合目

ようやく、7合目です。

日ノ出館は休業中となっていました。



雲



わらじ館
わらじ館


トイレと水分補給ができる山小屋にようやく到着できました。

休憩場所が混雑していたので、スルーして、すぐ上のもう一つの山小屋へ行きました。



雲



砂走館
砂走館


3時間半を歩きっぱなしで、少し疲れました。
ここでトイレ休憩です。

おにぎりをもぐもぐして、体力を回復です(^-^)



岩場

砂走館をすぎると、岩場が多くなってきました。



雲



赤土

赤土が目に見えて増えてきました。



赤岩八合館
赤岩八合館


最後のトイレ&給水ポイントです。

ここから山頂までは1時間半くらいが目安のようです。



赤土


登山



ラストスパート

頂上に近くにつれて、急で登りにくい岩道でした。


ラストスパート!!



山頂

そして、5時間半程かけて、ようやく山頂にたどり着きました。

疲れたー!!



富士山火口
富士山火口



富士山頂奥宮
富士山頂奥宮



富士山頂郵便局
富士山頂郵便局




富士山のお鉢を巡るついでに、富士宮ルートの山頂にある山小屋にて、ランチにしました。

頂上富士館
頂上富士館


日本一標高の高い場所にある宿泊施設らしいです。

食堂もありました。



山頂しょうゆカップラーメン
山頂しょうゆカップラーメン


普通のカップラーメンのように見えて、実は少し異なる点があります。

通常の標高ではお水の沸点は100℃ですが、標高の高い富士山頂では気圧の関係で沸点が87℃くらいになるようです。



山頂しょうゆカップラーメン

ということで、87℃のお湯で作ったカップラーメンです。

3分より少し多めに待って、食べることにしました。



カップ麺

登山の疲労&山頂の肌寒さからなのか、とても美味しく感じました。



ちなみに、僕が食べ終わる頃(11時半頃)には、お湯が切れてオーダーストップとなっていました。

オーダーストップ

山の日ということで、予想外の人の多さだったのでしょうかね???


水が貴重な富士山頂ならではのオーダーストップですね(^^;;

でもまぁ、こういう過酷な場所に山小屋(お店)があるだけでもありがたいことですよね。



食べ終わると体力も回復できて、再び出発しました。


渋滞

富士山で最も高い場所は、記念撮影の大渋滞となっていました。


剣ヶ峰
剣ヶ峰


富士山頂

おぉ。感無量です。



さて、お鉢巡りをして、須走口の下山ルートを目指しました。

お鉢巡り



雪


下界は真夏日だというのに、雪がまだ残っていました。




富士山の山頂でも携帯電話の電波が飛んでいることに驚きました。

休憩を兼ねてインスタ投稿を終えたら、須走ルートを下山開始です。



ブルドーザー

山小屋への物資運搬には欠かせないブルドーザーです。

途中で追い抜かれました。



女子高生

女子高生アイドル(?)が須走ルートを登っていたので、許可を得て写真をパシャり。



砂走り

砂走りは、ぴょんぴょんと跳ねながら滑走しました。

サングラスとマスクは必須ですね(^^;;
いろんなものが砂まみれになりましたが、思った以上に楽しかったです(^-^)



バス

こうして、須走口五合目まで下山して、バスで帰りました。



天候にも恵まれて、山の日にふさわしい登山を楽しむことができました。



山行記録:

御殿場口新五合目(5:17)
大石茶屋(5:26)
次郎坊(6:16)
標高2000m(6:26)
6合目(8:11)
標高3000m(8:32)
わらじ館(8:46)
砂走館(8:52)
赤岩八合館(9:34)
御殿場ルート富士山頂(10:51)
剣ヶ峰(11:58)
須走口下山道入り口(12:29)
須走口砂払五合目(13:47)
須走口五合目(14:26)


 にほんブログ村 グルメブログへ



頂上富士館



頂上富士館その他 / 岳南原田)
昼総合点★★★☆☆ 3.4


このエントリーをはてなブックマークに追加
| ラーメン | comments(0) | - | - | - |
博多 一風堂★白丸元味

仕事帰りに、四条にある一風堂へ寄って帰りました。


一風堂
博多 一風堂


福岡県発祥のお馴染みのラーメンチェーン店です。


外国人に人気のラーメン屋さんのため、いつもお店の前に行列ができています。
今日も行列ができており、相変わらず多国籍な観光客で賑わっていました。

店員さんは、日本語、英語、中国語などトリリンガルな活躍です(^-^)



選挙証明書

昨日行われた第25回参議院選挙の投票済証を持参しました。

選挙に行って投票済証明書を持参すると、「替玉一玉」もしくは「半熟塩玉子一個」のいずれかを無料で提供してくれる「選挙割」を実施していました。
(7月21日〜7月31日までの期間限定)


このサービスの恩恵を受けるために、さっそく訪れた次第です(^-^)



白丸元味
白丸元味


一風堂の原点の一杯という位置付けのラーメンです。

きくらげやチャーシューがトッピングされており、レンゲは大きめのサイズのものが添えられていました。



スープ

コクのある豚骨スープがうまいです!!



麺

麺は固めに茹でてもらい、博多ラーメンの特有の歯ごたえを楽しみました。



チャーシュー

チャーシューも楽しみました。



替え玉

そして、選挙割でいただく替え玉です。



替え玉

替え玉も固めでいただきました。



一風堂のラーメンは特にスープが美味しいですよね。

丼の底が見えるくらいまでスープを飲み干しました。
選挙割を使ってお得にいただいきました(^-^)



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



お店の情報:

一風堂 錦小路店
ジャンル:ラーメン
アクセス:阪急京都本線烏丸駅16番口 徒歩3分
住所:〒604-8143 京都府京都市中京区東洞院錦小路東入ル阪東屋町653-1 錦ビル1F(地図
周辺のお店のネット予約:
菜の雫 〜サイノシズク〜のコース一覧
パエリア&グリル バラッカのコース一覧
京焼肉 ききょうのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 四条烏丸・烏丸御池×ラーメン
情報掲載日:2019年7月27日
レストランブランド情報:博多一風堂




一風堂 錦小路店




博多 一風堂 錦小路店ラーメン / 烏丸駅四条駅(京都市営)烏丸御池駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5


このエントリーをはてなブックマークに追加
| ラーメン | comments(0) | - | - | - |
ラーメン二郎★ラーメン(並)

今日は、下鴨神社の御手洗祭りへ遊びに行ってきました。


せっかく京都市の北の方まで行ったので、少し足を伸ばして一乗寺へラーメンを食べに行きました。

ラーメン二郎
ラーメン二郎


あの有名なラーメン二郎が、2年ほど前に京都に上陸していました。

東京の三田本店で食べて以来、久しぶりの二郎です。
京都店は、初の来訪になります。



行列

お店の脇に入口があり、そこには行列ができていました。



黒烏龍茶

通路には黒烏龍茶のポスターが貼られていました。

カロリーの高さが伺えます(^^;;



15分ほど待つと、テーブルに案内されました。

黒烏龍茶


券売機の隣に自動販売機があって、そこで黒烏龍茶を購入しました。

もちろん、お水も用意されています。



スタッフの方に「ニンニクはどうしますか?」と訊かれたら、ニンニクと一緒に、野菜マシマシ、脂マシマシなどの要望を伝えます。


ラーメン
ラーメン(並)


とりあえずニンニクありで、あとはノーマルの二郎ラーメンにしてもらいました。



ラーメン

厚切りのチャーシューのインパクトがすごいです。

野菜もたっぷりです(^-^)



チャーシュー

まずはチャーシューにかぶりついて、あとは天地返しをして、麺を引っ張り出しました。



麺

ワシっとした太麺です。
ラーメン(並)でも麺は300g。一般的なラーメン屋さんの約2倍くらいあります。


ラーメン二郎といえば、そのインパクトあるボリュームが強調されがちですが、意外と豚系のスープが美味しいです(^-^)



完食

食べ応えたっぷりです。なんとか麺と具材を完食できました。


食べ終わたあとは、丼とコップをカウンターの上に置き、テーブルを自分で拭くのがラーメン二郎の暗黙のルールらしいです。

それに倣って、お店をあとにしました。



黒ウーロン茶

食後の黒烏龍茶が染み渡ります。


久しぶりにラーメン二郎を堪能しました。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



ラーメン二郎 京都店



ラーメン二郎 京都店ラーメン / 一乗寺駅茶山駅修学院駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7


このエントリーをはてなブックマークに追加
| ラーメン | comments(0) | - | - | - |
麺屋 猪一 離れ★追い鯖そば(黒醤油)

本日は、お仕事関係の人たちと四条で飲んでいました。


締めに、美味しいラーメン屋さんを紹介して欲しいということで、高辻通り沿いにある、こちらのお店へ向かいました。

麺屋 猪一 離れ
麺屋 猪一 離れ


「ミシュランガイド京都・大阪」にビブグルマンとして掲載されているラーメン屋さんです。

閉店時間間際ということもあり、並ばずにすんなりと入店することができました。



昆布や削り節を使ったラーメンの出汁が人気です。

追い鯖そば(黒醤油)
追い鯖そば(黒醤油)


お盆に乗せられて、ラーメンが登場しました。

ゆずが添えられており、お好みで風味づけをできるようです。



追い鯖そば(黒醤油)

綺麗に盛り付けられたラーメンです。

チャーシューには、京都のもち豚を使っているそうです。



スープ

和風出汁の旨味を感じられるスープです。

提供する直前に極薄の削り節の出汁にくぐらせる一手間を加え、さらに魚介の風味を増しているそうです。



麺

全粒粉が練り込まれた細麺です。

食感が良くて、小麦の風味も楽しめました。



チャーシュー

大きめのチャーシューは、柔らかい食感です。

和風スープにひたして美味しくいただきました。



全体的にまとまりがよく、完成度の高いラーメンの印象です。

舌の肥えた事業主の方々が「うまい。うまい」と連呼していて、紹介した僕としても鼻が高かったです(^-^)



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



麺屋 猪一 離れ



このエントリーをはてなブックマークに追加
| ラーメン | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link