よこやまろうそく★鴨まんじゅうしょうがあんかけ

ちょい飲み手帖 京都 Vol.2 全店めぐり」の41軒目です。



今日は、仕事帰りに、木屋町の方面に呑みに行きました。

よこやまろうそく
よこやまろうそく


裏路地を1本入ったところにある「たかせ会館」という雑居ビルの中にお店がありました。



よこやまろうそく

雰囲気のある入り口です。



ろうそく

店主さんの実家が和ろうそくのお店のようで、店内でもろうそくを販売されていました。

独特の味のあるカウンター席ですね(^-^)



まず最初に、お出汁が出てきました。

お出汁

クリアな味わいです。


最初にお出汁を味わう趣向のようです。
和食の基本である「お出汁」を大切にされていることが伺えます。



日本酒冷蔵庫

ドリンクは、ショーケースのような冷蔵庫から、自分で好きなものを選んでくるスタイルのようです。



三井の寿
三井の寿(みいのことぶき)


福岡県のお酒です。
以前、ネットで見かけたことがあって、一度飲んでみたいと思っていたお酒です。



三井の寿

ダブルA面のラベルとなっています。

バスケ漫画の「スラムダンク」の登場人物の三井 寿(みつい ひさし)の名前の由来ともなっています。
原作者の井上雄彦さんが好きなお酒だったことから、登場人物の名前に取り入れたそうです。



日本酒

キレのある辛口の日本酒となっていました。



酒のあて3種盛り
酒のアテ3種盛り


店主さんは、もともと翠江(すいこう)という和食の創作料理のお店で働いていたそうです。

和風のアテとお酒の相性も最高です(^-^)



ちょい飲み手帖を使うと、鴨まんじゅうしょうがあんかけ、牛肉しぐれ煮、砂ずりのポンズ漬の中から1種類を選ぶことができました。

鴨まんじゅうしょうがあんかけ
鴨まんじゅうしょうがあんかけ


鴨まんじゅうが中に入っていて、たっぷりの餡で満たされていました。

レンゲで鴨饅頭をよく潰して食べるよう、おすすめされました。



鴨まんじゅうしょうがあんかけ

和食ならではの一品です。

ほっこりと体が温まりました。




追加で、お酒とお料理を注文しました。

かぜやわらか
風和(かぜやわらか)


新潟県のお酒で、佐渡産「五百万石」を使用した活性濁り酒です。

万葉集にある歌の序文「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から取った「風和」の2文字がお酒の名前になっているそうです。



かぜやわらか

酵母がまだ生きており、シュワシュワーっとした炭酸と一緒に、麹の香りを楽しむことができました。



鯖寿司
鯖寿司


ちょうどいいお酢加減。こちらも素敵な味わいです。



お会計をすると、しじみ汁のお出汁を出してくれました。

しじみ汁


お出汁に始まり、お出汁に終わる。

和食の流儀なのかはよくわかりませんが、素敵なおもてなしだと思いました。



雰囲気のいいお店でしたので、また行ってみたいなぁと思いました。



追伸:

新元号の「令和」の由来も、万葉集の歌の序文であることから、「風和」が話題になっていることを後日に知りました(^-^)



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



よこやまろうそく



よこやまろうそく割烹・小料理 / 河原町駅祇園四条駅三条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


このエントリーをはてなブックマークに追加
| 和食 | comments(0) | - | - | - |
京料理 舞妓★湯葉の造り

ちょい飲み手帖 京都 Vol.2 全店めぐり」の11軒目です。



今日は、祇園の方面に飲みに行きました。

花見小路通


花見小路通をぶらぶらし、京料理のお店に入りました。



京料理 舞妓
京料理 舞妓


四季折々の京料理を楽しめるお店のようです。



都をどり

京都に春を呼ぶ風物詩「都をどり」のポスターが店頭にありました。



店内

店内は、外国人を意識しているのか(?)、テーブル席となっていました。


モダンなインテリアが並び、スタイリッシュな雰囲気です。
京の街をイメージするような音楽が流れていました。


店内


着物


座布団

舞妓さんが着るような振袖や日本酒の瓶、そして一度は座してみたいような高級座布団が飾られていました。

わくわくする店内ですね(^^)



大きなお盆に乗って、お料理が運ばれてきました。

湯葉の造り


湯葉の造り
湯葉の造り


湯葉の上には、くるりと巻いたニンジンが飾られており、脇にはワサビとバク貝(?)の2種の薬味が添えられていました。



湯葉

しっとりした京湯葉は、とろりとした上品な味わいです。

味わい深かったです。



追加で「小鉢の和え物」を注文しました。

お造り

本日の小鉢の和え物は、サーモンとカンパチのお造りとなっていました。

金箔入りです。
高級感があって嬉しいですね(^^)



カンパチ

脂の乗ったカンパチも美味しかったです。



モダンな京料理のお店にて、高級感のあるお料理に舌鼓を打ちました。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



お店の情報:

京料理 舞妓
京料理 舞妓
ジャンル:懐石 お茶屋遊び
アクセス:京阪本線祇園四条駅6番出口 徒歩4分
阪急京都線河原町駅 徒歩7分
住所:〒605-0074 京都府京都市東山区祇園花見小路四条下ル西側祇園町南側570-122(地図
周辺のお店のネット予約:
京料理 修伯のコース一覧
アパホテル<京都祇園>EXCELLENT 京野菜 彩旬のコース一覧
やげんぼり 花見小路店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 祇園×懐石料理
情報掲載日:2019年2月23日


京料理 舞妓 祇園四条



京料理 舞妓京料理 / 祇園四条駅河原町駅三条京阪駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6


このエントリーをはてなブックマークに追加
| 和食 | comments(0) | - | - | - |
魚ト酒 福ロウ★湯葉の造り、生麩田楽、鴨ロース

「ちょい飲み手帖 京都 Vol.1」全店めぐり の63軒目です。



今日は、木屋町の方に飲みに行きました。

魚ト酒 福ロウ
魚ト酒 福ロウ


階段を登って、ビルの3階まで上がるとお店の入り口がありました。

日本酒と海の幸が人気の割烹居酒屋のようです。



カウンター

落ち着いた感じの店内です。

カウンター席には座ると、元気な店主さんが気軽に話しかけてくれました。



飲みやすい日本酒をいただくことにしました。

みやこつる
みやこつる


京都伏見の都鶴酒造のお酒です。

みやこつる」という平仮名で書かれたラベルのお酒は京都限定販売とのことです。


ワイングラスでオシャレに日本酒をいただきました。

爽やかな香りです。とても飲みやすかったです。



突き出し

成田もやしと舞茸を使った塩ナムル風の突き出しです。

雅びで彩りのある小皿に盛り付けられていました。



京の逸品3種盛り
京の逸品3種盛り


湯葉の造り、生麩田楽、鴨ロースの3種は、京都の食材を使っているようです。



湯葉の造りは小皿に入っていました。

湯葉のお刺身
湯葉の造り


とろけるような湯葉を味わうことができます。

日本酒と合わせると、なかなかの絶品です。うまい(^-^)



生麩田楽、鴨ロース

2種の生麩田楽と鴨ロースです。


田楽味噌がたっぷりついた生麩もいいですね!!

どれも日本酒に合うお料理で、美味しかったです。



お店が混んできたので早々に退散しましたが、料理も美味しく居心地のいいお店でした。

また行ってみたいです。



撮影:Xperia XZs SOV35
アプリ:美味カメラ


魚ト酒 福ロウ



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ


魚ト酒 福ロウ魚介・海鮮料理 / 河原町駅祇園四条駅三条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


このエントリーをはてなブックマークに追加
| 和食 | comments(0) | - | - | - |
ごはんや 蜃気楼★豚肉とお野菜のしぐれ煮

今日のランチは、建仁寺の方面へ行きました。


ごはんや 蜃気楼
ごはんや 蜃気楼


遊廓時代の建物が残っている宮川町通りに面した場所にある割烹料理のお店です。



店内

木を基調としたモダンな雰囲気の店内となっていました。

場所柄なのか、店内は京都を観光に来た人たちで賑わっていました。



お箸

少しねじりのある珍しいお箸です。
高級感があります。



日替気分

日替気分」という日替わりのランチメニューです。

お豆腐やおばんざいなど、品数の多いランチです。



お味噌汁

お味噌汁もセットになっていました。



野菜

これだけの品数の野菜が採れるランチは嬉しいですよね(^^)



豚肉
豚肉とお野菜のしぐれ煮


しっかりと出汁の味が染み込んだ豚肉は美味しかったです。



高級感のある和風のランチを楽しめました。


今回は時間がなくて慌ただしいランチとなりましたが、また機会があればゆっくり楽しみたいと思いました。



撮影:Xperia XZs SOV35
アプリ:美味カメラ


ごはんや 蜃気楼



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ


蜃氣楼割烹・小料理 / 清水五条駅祇園四条駅河原町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6


このエントリーをはてなブックマークに追加
| 和食 | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link