呑底(どんぞこ) 二代目政次郎★刺身2種盛り

ちょい飲み手帖 京都 Vol.3 全店めぐり」の3軒目です。



今日は、ジム友達と一緒に木屋町の方へ飲みに行きました。

呑底(どんぞこ) 二代目政次郎
呑底(どんぞこ) 二代目政次郎


雑居ビルの3階にある炭火焼の居酒屋さんです。



店内

和風の装飾が施された趣のある店内です。



七輪

各テーブールには七輪が設置されていました。

こちらで焼き物料理を味わうこともできるようです。



箸


赤しそジュース

ウェルカムドリンクの「赤しそジュース」です。

紫蘇の風味が食欲をそそりました(^-^)



烏龍茶

まずは乾杯です。



ナスのおひたし

本日のおばんざいは「ナスのおひたし」となっていました。

しっかりと出汁の味が染み込んでいて、いい味付けです。



刺身2種盛り
刺身2種盛り


白身と赤身を1種類ずつ紅白に盛り付けられていました。



カツオのたたき

新鮮なカツオが美味しいです(^-^)



せっかくテーブルに七輪があるので、焼き物料理を追加で注文することにしました。

炭火

七輪に炭が投入されて、赤く燻りはじめました。



おじさん好みの七輪焼き
おじさん好みの七輪焼き(2人前)



おじさん好みの七輪焼き

アジの開き、真鰯、ししゃも、ハタハタの4種類の干物です。

自分好みに焼いて食べることができました。



ハタハタ

まずは、シシャモとハタハタから投入しました。



焼けるのを待っているうちに、友達は日本酒を注文しました。

日本酒

アイスブレーカーという純米吟醸のお酒です。

炙りものと合いそうな日本酒ですね(^-^)/



ポテサラ

こちらはポテサラです。

辛子味噌をつけて食べるという、斬新な味わい方を楽しめました。



そうこうしているうちに、シシャモが焼きあがりました。

シシャモ

子持ちのシシャモを焼きたての熱々のまま頬張りました。

いい焼き加減で美味しかったです。



あじ

続いて、アジの開きと真鰯です。


ふっくらとした身のアジは、いい塩加減です。

お酒のアテとしては最高のですね、きっと(^-^)



七輪を囲んで楽しく飲めました。

和風の雰囲気が素敵なお店ですね!!



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



お店の情報:

呑底
ジャンル:居酒屋
住所:〒604-0961 京都府京都市中京区木屋町三条下材木町176-3
周辺のお店のネット予約:
京料理 割烹 成萬のコース一覧
居酒屋 koyaji(こやじ) 円町店のコース一覧
牛京〜ごきょう〜 西陣本店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 京都御所・西陣×居酒屋
情報掲載日:2019年6月15日



呑底 二代目政次郎




呑底居酒屋 / 三条駅三条京阪駅京都市役所前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6


このエントリーをはてなブックマークに追加
| 魚料理 | comments(0) | - | - | - |
海鮮処 一(いち)★ホタルイカの黒づくり、鯛の白子、とこぶしのうま煮

ちょい飲み手帖 京都 Vol.2 全店めぐり」の53軒目です。



本日は、柳馬場六角にある居酒屋さんへ行きました。

海鮮処 一(いち)
海鮮処 一(いち)


階段を登って、2階にお店の入口がありました。

その日に中央市場で仕入れた新鮮な海の幸を味わえるという、和風の居酒屋のようです。



店内

カウンター席でお料理をいただきました。



日本酒飲み比べ
日本酒飲み比べ3種


飲みやすいお酒を中心に、お店の人におすすめを選んでもらいました。

・黒龍 いっちょうらい 吟醸(福井)
・ゆきつばき 純米吟醸(新潟)
・立山 吟醸(富山)


ネームプレートも添えられていて、日本酒初心者にもありがたいですね(^-^)



アテ

お酒のアテの3種盛りです。

黒造りは、お箸が汚れるという理由で、黒いお箸と木の箸の2つをご用意いただきました。



ホタルイカの黒づくり
ホタルイカの黒づくり


イカスミを使ったイカの黒づくりです。



ホタルイカの黒づくり

日本酒と合う珍味です。

イカと一緒に紫蘇を食べると、素敵な風味が広がりました。
うまいです(^-^)



鯛の白子
鯛の白子


こちらも美味しい一品です。



鯛の白子

おろしポン酢であっさりといただきました。



とこぶしのうま煮
とこぶしのうま煮


一瞬アワビかと思ったのですが、トコブシという貝とのことです。

しっかりと煮汁の味が浸み込んでいて美味しかったです。



追加で、お酒とお料理を注文しました。

黄桜 黒獅子
黄桜 黒獅子


辛口の日本酒の味を楽しみました。



天使のえび
天使のえび(天ぷら)


“天国に一番近い島”として知られるニュー・カレドニアが産地のエビのようで、それが「天使のえび」の名前の由来だそうです。


フランスで、「QUALICERT(クオリサート)」と呼ばれる最高品質の称号を授与されたという、世界で唯一のエビだそうです。



天使のえび

頭まで食べられるそうです。



天使のえび

まずは天つゆで食べました。

甘みがあって、プリッとした食感がうまいです(^-^)



岩塩

続いて、岩塩を砕いていただきました。

サクッとした衣と一緒にエビの旨味を楽しみました。


ちなみに、頭の殻まで食べられるようです。
殻を噛み砕くと、中からエビ味噌のうまみが口の中に広がりました。

なかなか素敵な逸品でした。



アテも日本酒も美味しい素敵なお店でした。

是非ともまた行きたいお店の一つです(^-^)



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



海鮮処 一 −ichi−
海鮮処 一 −ichi−
ジャンル:生簀×鮮魚×京都の逸品
アクセス:阪急京都線河原町駅 徒歩8分
住所:〒604-8113 京都府京都市中京区柳馬場通六角下ル井筒屋町400-1 プラネシアビル2F(地図
ネット予約:海鮮処 一 −ichi−のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 四条烏丸・烏丸御池×居酒屋
情報掲載日:2019年4月14日



海鮮処 一(いち)



海鮮処 一居酒屋 / 烏丸駅烏丸御池駅河原町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9


このエントリーをはてなブックマークに追加
| 魚料理 | comments(0) | - | - | - |
和彩たか★ホタルイカと幻魚炙り焼き

ちょい飲み手帖 京都 Vol.2 全店めぐり」の26軒目です。



木屋町の方面へ飲み行こう!と、ジム友達と一緒に今日も繰り出しました。

和彩たか
和彩たか


河原町駅から歩いてすぐのところに、目的のお店がありました。

北陸の漁港直送の海鮮料理や日本酒などを楽しめる和風の居酒屋さんです。



日本酒

2人で日本酒を注文すると、グラスを2つずつ用意してもらえました。



立山特別本醸造
立山 特別本醸造


富山を代表する銘醸蔵「立山」の定番品のお酒です。
和食との相性もいいらしいです。


友達は兵庫県の「龍力」という生原酒の日本酒を注文していました。



白えび御造り
白えび御造り


天然木と最高級本鮫の皮を使った「長次郎作」のおろし器でおろされた生ワサビからは、芳醇な風味がふわっと広がりました。



白えび御造り

白えびは、富山県の新湊から直送されたものらしいです。

小さな白海老の殻を剥くのが手間なため、普通の居酒屋さんではなかなか出していない逸品とのことです。
見栄えも鮮やかです(^-^)



白えび御造り

白えびを数尾つまんで、わさび醤油でいただきました。

海老の甘みが際立つ絶品です。
ひんやりと冷たくて、日本酒との相性も抜群でした(^-^)



ホタルイカと幻魚炙り焼き
ホタルイカと幻魚炙り焼き


飛騨コンロに入った固形燃料に炎が燈され、いい感じに燃え上がっていました。



ホタルイカと幻魚炙り焼き

半分に切られた幻魚と4枚のホタルイカが笹の上に盛り付けられていました。

これで一人分です。



げんげ

軽く炙って香ばしさを楽しみながら、日本酒をぐびっと飲みました。

深海魚の幻魚(げんげ)は、淡白な味でありながらも、とても上品な味わいです。



いい感じに楽しめるお店だったので、日本酒とお料理を追加で注文しました。


百十郎 生原酒 純米吟醸 桜
百十郎 生原酒 純米吟醸 桜


フレッシュで繊細な味の岐阜県の「蔵元林本店」のお酒です。
清涼感があって、とても飲みやすかったです。うまい(^-^)



「白身のトロ」とも呼ばれる高級魚のノドグロ(赤ムツ)の開きもありました。

のどぐろは、焼きと天ぷらの2種類の食べ方があったので、天ぷらにしてもらいました。

のどぐろの天ぷら
のどぐろの天ぷら


のどぐろ以外にも芽キャベツの天ぷらなども盛り付けられていました。

ゆかり塩か天つゆでいただきます。



のどぐろの天ぷら

旨味のあるノドグロは、サクッとした食感の衣で覆われていました。

こちらも日本酒との相性がよくって、日本酒が美味しく飲めました(^-^)



海鮮カニ味噌グラタン
海鮮カニ味噌グラタン


カニ味噌をたっぷり使ったグラタンは、とても贅沢な味わいです。

ホワイトソースと合わさったカニ味噌がうまいです!!
これも絶品料理です。



そして、気になる名前のお酒を注文してみました。

天吹 ぴんくれでぃ
ぴんくれでぃ


春をイメージした佐賀県の天吹酒造のロゼの日本酒です。

古代米(黒米)の糠の部分に含まれている「アントシアニン」系の色素が、ロゼの色合いを出しているそうです。
後味スッキリの味わいとなっていました。




美味しいに日本酒と美味しい海鮮料理を楽しめました。
見た目も味も抜群でした。

また行きたい素敵なお店です。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ


和彩 たか



和彩たか魚介・海鮮料理 / 祇園四条駅河原町駅三条駅
夜総合点★★★★ 4.2


このエントリーをはてなブックマークに追加
| 魚料理 | comments(0) | - | - | - |
KAKIMARU★生牡蠣と冷製牡蠣のヴァポーレの食べ比べ

ちょい飲み手帖 京都 Vol.2 全店めぐり」の8軒目です。


綾小路通り沿いにある牡蠣バルへ行きました。

KAKIMARU
貝と白ワインのバル KAKIMARU(かきまる)


店名の通り、牡蠣などの貝をメインに扱うバルとなっていました。


木を基調とした店内はとてもオシャレな雰囲気でした。
テーブル席はほぼ満席。雰囲気も良く、繁盛していました。



ドリンクは、なみなみスパークリングを注文しました。

なみなみスパークリング

店員さんが目の前でなみなみと注いでくれました。



なみなみスパークリング
なみなみスパークリング(ロゼ)



生牡蠣とヴァポーレの食べ比べ

生牡蠣と冷製牡蠣のヴァポーレの食べ比べです。

ちょい飲み手帖を使うと、生牡蠣とヴァポーレの2種の食べ比べですが、さらにもう1種追加注文しました。



生牡蠣とヴァポーレの食べ比べ

左から、冷製牡蠣ののヴァポーレ(サルサソース、岩塩)、生牡蠣です。


「ヴァポーレ」は、イタリア料理で「蒸す」という意味だそうです。

低温で少し火が通すことによって、牡蠣の旨味が凝縮されるようです。



貝

お皿には小さな貝が飾られていて、見た目にも楽しむことができました。



生牡蠣

まずは生牡蠣からいただきます。

レモンをしぼって頬張りました。
舌の上でとろけるようなクリーミーな食べ応えです。



牡蠣

冷製牡蠣のヴァポーレの岩塩フレーバー。

ぷりっぷりの大きめの牡蠣です。



サルサソース

酸味のあるサルサソースもおもしろい味わいです。



ぜいたくに3種の食べ比べをしました。


冷製牡蠣のヴァポーレは、今回食べたもの以外に「ヴィネガージュレ」「塩レモン」「ライム」もありました。

いろんな楽しみ方があるんですね!!
他のフレーバーもまた次回に試してみたいです。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ


お店の情報:

貝と白ワインのバル KAKIMARU 綾小路店
貝と白ワインのバル KAKIMARU 綾小路店
ジャンル:貝と白ワインのバル
アクセス:阪急京都線烏丸駅 徒歩2分
住所:〒600-8052 京都府京都市下京区綾小路通富小路西入ル塩屋町66(地図
姉妹店:花たぬき 河原町店 | 花たぬき 京都駅前店
ネット予約:貝と白ワインのバル KAKIMARU 綾小路店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 四条烏丸・烏丸御池×スペインバル・イタリアンバール
情報掲載日:2019年2月19日



KAKIMARU 綾小路店
このエントリーをはてなブックマークに追加
| 魚料理 | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link