IL LAGO(イルラーゴ)★小エビとアボカドのインサラータ

今日は、ジム友達と一緒に、京都市役所近くにあるイタリアンバールへ行きました。


IL LAGO(イルラーゴ)
IL LAGO(イルラーゴ)


小皿料理のチケッティをはじめ、本格的なイタリアンも楽しめるお店です。

コの字型の立ち飲みカウンターでは、気軽に店員さんや常連さんと会話を楽しむことができるため、友達のお気に入りのお店となっているようです(^-^)



サンペレグリノ
サンペレグリノ


「欧州各国で最も有名なソーダ水」と説明がありました。

500mlのたっぷりサイズのボトルです。



乾杯

まずは乾杯です。

友達は京都醸造のクラフトビールを楽しんでいました。



チケッティ

一皿100円から300円程度の小皿料理のチケッティは、気軽に楽しめる価格帯です(^^)



鶏と山椒のオイル煮
鶏と山椒のオイル煮



生ハムのリエット
生ハムのリエット



リエット

パクッとひとくちでいただきました。



新メニューを注文してみました。

小エビとアボカドのインサラータ
小エビとアボカドのインサラータ 〜生ハム添え〜



小エビとアボカドのインサラータ

小エビ、アボカド、生ハムのコラボレーションです。

INSALATA(インサラータ)はイタリア語で「サラダ」を意味するそうで、キレイに盛り付けられていました。


あっさりとしたドレッシングで素材の味を楽しみました。



チケッティ

さらにチケッティを注文しました。

小エビのグリルとアボカド、パッラ・ディ・リーゾ(ライスコロッケ)です。



小エビのグリルとアボカド

ひとくちで食べやすいように串に刺さっていました。



黒潮の如く

友達の2杯目は、京都醸造の定番のスタウトの「黒潮の如く」。
うまそうにグビグビと飲んでいました。



アンチョビたまご

締めのチケッティは、アンチョビたまごにしました。

絶妙な半熟たまごのとろみにアンチョビが加わった、LAGOさんおなじみのメニューです。



今日もチケッティを中心に、楽しく呑むことができました。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



IL LAGO(イルラーゴ)


このエントリーをはてなブックマークに追加
| イタリアン | comments(0) | - | - | - |
Bambi KARASUMA★生ハム4種食べ放題

ちょい飲み手帖 京都 Vol.2 全店めぐり」の37軒目です。



本日は、烏丸蛸薬師を西へ入ったところにあるデザイナーズイタリアンのお店へと行きました。

Bambi KARASUMA
Bambi KARASUMA


500円にて、時間無制限の生ハム食べ放題ができる人気のお店のようです。



店内

店内は素敵なレイアウトとなっていました。


今日は金曜日ということもあり、店内はほぼ満席でした。

そして、圧倒的な女子率です。
カップルが2組みくらいで、残りはすべて女子グループという感じでした。



生ハム4種食べ放題

さっそくお料理が到着しました。



赤ワイン

生ハムに合いそうな赤ワインを注文しました。



生ハム4種食べ放題

イタリア産プロシュート、イタリア産コッパパルマ、ハンガリー産ゴリアットサラミ、スペイン産ハモンセラーノの生ハム4種です。

このお皿を空けるとお替りをすることができる食べ放題のシステムのようです。



プロシュート

メジャーな生ハムのプロシュートとハモンセラーノです。
この2つは世界三大ハムにも数えられます。

しっかりとしたハムの食感と程よい塩気がワインのお供にぴったりです。



コッパ

パルマハムにも使われる肩ロースのコッパパルマ。細挽きサラミのゴリアットサラミ。

これらはほどよく脂分を含んでおり、また違った食べ応えがあります。



ぺろっと食べ終えると、店員さんがお替りを運んできてくれました。

生ハム4種食べ放題

1回目と同じくらいのボリュームです。これはお得ですね(^-^)



日替わりのタパスはこちらです。

キッシュ
キッシュ


2ピースです。思っていたよりも大きめのサイズでした。

お皿の縁にはチーズが散りばめられていて、見栄えも美しいです。




追加で、お酒を注文しました。

お料理


サングリア
サングリア

グレープフルーツが添えられたフレーバードワインです。

果汁の甘みがあって飲みやすい口当たりです(^-^)



キッシュ

キッシュはふわっと柔らかく、生地の中に入っているハムやブロッコリーなどと一緒に食感を楽しみました。

けっこう美味しかったです。



さらにお料理を追加注文です。

サーモンとアボカドのタルタル
サーモンとアボカドのタルタル


サーモンのピンク、アボカドのライトグリーン、トマトのレッドの素敵なコントラストです。



サーモンとアボカドのタルタル

崩すのが勿体無いくらいです(^^)



サーモン

自家製わさびマヨで和えられていました。

サーモンとアボカドの相性は最高にいいですね。
見た目も味も楽しめる一品でした。



たっぷりとお料理を楽しみました。

女性を意識した素敵な店内と素敵なお料理の数々です。


オジさんが一人で行くには勇気がいりましたが、行ってよかったです。
楽しく飲めました(^-^)



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



お店の情報:

cafe&dining Bambi −KARASUMA−
cafe&dining Bambi −KARASUMA−
ジャンル:デザイナーズイタリアン
アクセス:阪急京都線烏丸駅 徒歩5分
住所:〒604-8151 京都府京都市中京区烏丸通蛸薬師西入ル橋弁慶町222 平井ビル2F(地図
姉妹店:cafe&dining Bambi
ネット予約:cafe&dining Bambi −KARASUMA−のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 四条烏丸・烏丸御池×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2019年3月31日



Bambi KARASUMA



cafe & dining Bambi -KARASUMA-イタリアン / 烏丸駅四条駅(京都市営)烏丸御池駅
夜総合点★★★★ 4.1


このエントリーをはてなブックマークに追加
| イタリアン | comments(0) | - | - | - |
IL LAGO(イルラーゴ)★自家製オイルサーディン

本日もジム友達と一緒に、木屋町近辺を飲み歩いていました。


締めは、お馴染みのIL LAGO(イルラーゴ)さんへやってきました。

IL LAGO(イルラーゴ)
IL LAGO(イルラーゴ)


京都市役所前近くにある、イタリアの小皿料理「チケッティ」を楽しめるイタリアンのお店です。

カウンターの立ち飲み席では、気軽にチケッティとクラフトビールを楽しめるため、割りとお気に入りのお店となっています。



最近熱心に巡っている「ちょい飲み手帖」の対象店でもあるのですが、手帖を使わず、今日もまた通常利用となりました(^^)

チケッティ


チケッティと京都醸造のクラフトビールをいただきました。

今日のビールは、「春の気まぐれ」でアメリカン・ペールエール。
苦みが控えめのフルーティーな味わいです。



オイルサーディン

自家製オイルサーディン、アンチョビたまご、自家製ピクルス、ミニおでん、チーズのスホルマートの5種のチケッティです。

ちょっとずつ食べられるのがチケッティの良さですね。



型に入れてオーブンで焼いた料理のこと「スホルマート」っていうんですね!!
初耳でした。



ミニおでん
ミニおでん


イタリアンにしては異色な小皿でしたが、こちらも美味しかったです。



友達は最後にデザートを注文していました。

塩ジェラート


デザートと合うアピアナーエも合わせて注文していました。

こちらはインスタ映え抜群です(^^)/



塩ジェラート
塩ジェラート


ひとくちもらうと、塩味ながら甘みのある大人のジェラートとなっていました。

締めとしては、いいデザートですね。



今日もIL LAGOで楽しく過ごすことができました。

次こそはちょい飲み手帖を使いに行きたいです(^^)



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



IL LAGO(イルラーゴ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
| イタリアン | comments(0) | - | - | - |
BROGLD(ブログルド)★たこ味焼きのアヒージョ

ちょい飲み手帖 京都 Vol.2 全店めぐり」の12軒目です。



本日は、ジム友達とそのインスタ友達と3人で、烏丸姉小路にあるタコ料理のお店へ行きました。

BROGLD(ブログルド)
BROGLD(ブログルド)


地中海と日本のタコを使ったオクトパスバーです。

お料理によって、タコの種類を使い分けるというこだわりのタコ料理専門店のようです。



BROGLD(ブログルド)

店名の由来は、いろんな国の「おいしい」を集めて「BROGLD」としているようです。



BROGLD(ブログルド)

雰囲気のいい店内となっていました。



乾杯

まずは乾杯です。


今回は、ちょい飲み手帖を使ってお得にいただきます。

2名でいただける「サシ飲み」プランで3,000円のコースなのですが、プラス1名で計4,500円となります。

お料理とドリンクが1.5倍になるのが通常の使い方のようですが、同じ料理を1.5倍にするのではなく、他のお料理に変えるコースをお店の方からご提案いただきました。


ということで、そちらのプランでお願いしました。


ルーマニア産の黒ワイン

まずはルーマニア産黒ワインをいただきました。

店主さんは、お料理に合ういろんなワインを試した結果、最終的にルーマニアのワインに行き着いたそうです。
店内にはいろんな種類のルーマニアワインがありました。



タコの肝味噌
タコの肝味噌


タコの肝味噌をちくわにつけていただきます。
お酒と合う珍味ですね。



タコの白子
タコの白子


タコ1匹から1つしかとれないという貴重な白子です。

大きめのサイズで、ふわっとした食感。
自家製のポン酢でさっぱりといただきました。



タコのエスカルゴ風グリル
タコのエスカルゴ風グリル


ガーリックの味が効いています。
エスカルゴの代わりにタコを使っているというおもしろ料理です。



たこ味焼きのアヒージョ
たこ味焼きのアヒージョ


オリーブオイルには、大きいたこ焼きが浮かんでいました。

一般的なたこ焼きには紅生姜やネギなども入っておりますが、このたこ焼きの具には、タコ以外は一切使わないというこだわりのようです。


紅茶鴨の香草グリル
紅茶鴨の香草グリル



モスコミュール

2杯目は、綾烏モスコミュールをいただきました。

日本でモスコミュールといえば、ジンジャー・ビアの代用品としてジンジャー・エールを使うのが一般的です。

このモスコミュールは、こだわりの自家製のジンジャー・ビアを使っているそうです。



ジンジャー

店主さんが自慢げにジンジャー・ビアを見せてくれました。

こだわりはタコだけじゃないんですね!!
お話好きの楽しい店主さんでした。



ちなみ、ここまでがちょい飲み手帖の3名プランのセットになります。

タコづくしですが、全然食べ飽きない個性的なお料理の数々です。


さらに他にもタコ料理を注文してみました。

タコのレペチッリ
タコのレペチッリ


レペチッリとは、焼チーズリゾットのことらしいです。

タコの肝を使った自家製レバーペーストを使っているそうです。



レペチッリ

しっかりとした味付けとなっていて、ご米料理ながらもお酒にもよく合いました。



さて、ここでおもしろい箱が登場しました。

くじ

「最強無敵」「最低野郎」など4文字熟語のシールが入っており、くじびき形式で1人1枚もらえました。



人生大吉

僕は「人生大吉」。大当たりでした(^-^)

BROGLD(ブログルド)さんの前身は縁蛸(えんたこ)という、たこ焼き屋さんだったそうです。
そのネームが入っていました。



女性用のくじ

ちなみに、女性限定で「アタリ」「ハズレ」が50%のくじを引けるそうです。
「アタリ」を引けば景品がもらえるようでした。



サービス精神旺盛な店主さんは、富山の人気の日本酒も試飲させてくれました。

勝駒
勝駒


なかなか入手できないという貴重な日本酒です。

ぐびりと一口いただきました。
なんとも言えぬ、清涼感のあるきれいな味わいです。

いいお酒をいただきました。



タコ料理の宴はさらに続きます。

タコのガルシア風
タコのガルシア風


今度はスペインのタコ料理です(^^)/



タコのガルシア風

肉厚のあるタコに赤いパプリカパウダーがふりかけれており、こちらも絶品です。



最後にもう1杯。

綾烏シャンディガフ
綾烏シャンディ・ガフ


自家製ジンジャービアとギネスを混ぜて作ったシャンディガフです。



ヘネシージンジャー

友達は、へネシーと自家製ジンジャービアで作った「ヘネシージンジャー」を楽しんでいました。



バケット

バケットで、アヒージョのオリーブオイルを絡めて食べて、本日の締めとなりました。



タコづくし!!
ジンジャーづくし!!
ご主人のトークづくし!!


こういう食材にストーリーのあるお店は大好きです。
楽しく飲めました。


次回は1時間かかるという「たこ飯」を目当てに、また遊びに行きたいです。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ


BROGLD(ブログルド)




ブログルド地中海料理 / 四条駅(京都市営)烏丸駅五条駅(京都市営)

夜総合点★★★★ 4.1


このエントリーをはてなブックマークに追加
| イタリアン | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link