なかや★志んこ

本日7月31日は、愛宕神社の千日詣りの日です。


7/31夜〜8/1未明にかけて、愛宕山の上にある愛宕神社にお参りすると、1000日間の功徳を得られると言われています。

千日通夜祭とも呼ばれ、この期間は登山道に明かりが灯されています。



ちなみに、始発まで帰りの電車がないため、山の上で夜を明かす人もいるようです。

始発まで待てない僕は、自宅から1時間かけて自転車で向かいました。



特別バス

愛宕街道にある臨時の駐輪場から清滝まで臨時バスが出ていました。

バス内は、これから愛宕山へ向かう人たちで満員状態でした(^^;;



登山前に、清滝にあるお茶屋さんに立ち寄りました。

なかや
なかや


もともと愛宕山の25丁目にあったお茶屋さんですが、昭和初期に渡猿橋の畔へ移転されたようです。

先月愛宕山に登った際に、愛宕名物の「志んこ」を食べ損ねたので、今回こそはいただくことにしました。



店内

昔ながらの雰囲気が残る店内です。



志んこ
志んこ


ニッキ・白・お茶の三色の団子です。

冷たいお茶もセットになっていました。



志んこ

ねじれた形の志んこは、愛宕神社までのつづら折りの山道を模したものらしいです。

米粉で作ったものらしく、そのため腹持ちがよくて、愛宕山に登る前に食べる習慣があったようです。



志んこ

砂糖がたっぷりです。

米粉の団子の食感を楽しみました。




さて、表参道の登山口まで歩き、そこから登山開始です。

登山口
愛宕神社二の鳥居(登山口)



千日詣り


千日詣り

登りと下りが同じ参道にです。

すれ違う際に、登る人には「おのぼりやす〜」、降る人には「おくだりやす〜」と声をかける習慣があります。



夜景

夜景がキレイです(^-^)



愛宕神社
愛宕神社


2時間ほどで愛宕神社に到着です。

境内にはたくさんの人がいました。



愛宕神社


愛宕神社


愛宕神社


蒸し暑くて大変でしたが、なんとか無事登ってお参りすることができました。

京都の夜祭を楽しめました(^-^)



山行記録:

臨時駐輪場(20:42)
↓バス
なかや(20:54)
愛宕山登山口(21:07)
愛宕神社境内(22:49)
愛宕神社(23:03)
愛宕山登山口(00:33)
臨時駐輪場(01:03)

※自宅に辿りついたのは2時くらい。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



なかや

このエントリーをはてなブックマークに追加
| 京菓子 | comments(0) | - | - | - |
京阿月★笹しみず

今日は自宅で仕事をしていました。


急に打ち合わせが入ってお出かけした出先にて、京菓子をいただきました。


笹しみず
笹しみず


1840年創業の和菓子店「京阿月」の夏の和菓子のようです。

うちに帰って、さっそくいただきました。



笹しみず

青竹の筒の容器の中には、小倉あんの水羊羹が入っていました。



笹しみず

すべて出すと、こんな感じです。


つるっとした食感で、甘すぎない水羊羹です。

見た目にも夏の涼を楽しめる京菓子でした。



おいしくいただきました。



撮影:Xperia XZs SOV35
アプリ:美味カメラ


 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
| 京菓子 | comments(0) | - | - | - |
七條甘春堂★天の川

今日は、季節限定の京菓子を買いに大和大路七条まで出かけました。


七條甘春堂
七條甘春堂


慶応元年(1865年)に創業という歴史ある京菓子のお店です。



お目当ての京菓子はこちらです。

天の川
季菓「天の川」


七夕のシーズン前後に、季節限定で販売されている羊羹です。

ネットで記事になっているのを見て、食べてみたくなりました。




さっそく開封してみました。

天の川

その名の通り、天の川を彷彿とさせる美しいグラデーションの羊羹です。



断面図

断面はこんな感じです。

つぶあんを使ったベースの部分の上に、白、水色、青、紫の琥珀羹(こはくかん)が重ねられていました。



ようかん


グラデーション

銀箔が星となっており、夜空を彩ります。

とっても美しい和菓子です。



ようかん

キラキラ輝いていて、食べるのがもったいないくらいです(^^)


納涼感のあるスイーツですね。

季節の和菓子を美味しくいただきました。



撮影:Xperia XZs SOV35
アプリ:美味カメラ


京菓匠 七條甘春堂



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
| 京菓子 | comments(0) | - | - | - |
然花抄院★然の膳

ランパス京都めぐりの59カ所目は、然花抄院 京都室町本店さんです。


然花抄院
然花抄院(ぜんかしょういん)


室町通りの老舗の呉服商が立ち並ぶ一角にある京菓子のお店です。


300年の歴史を持つ町家を改修した店内には、ギャラリーと売店のスペースがあります。
そして、その隣にはカフェのスペースが併設されていました。


店内

カフェスペースにはリラックスできる音楽が流れていました。

お庭を眺めながら、まったりとお茶を飲むことができます。



然の膳
然の膳


「然」のかすてらとドリンクのセットです。
口直しの塩昆布もついていました。

ドリンクは、メニューの中から自由に選択できました。


「然」のかすてら
「然」(ぜん)のかすてら


ムースをイメージするようなふわっとしたカステラの食感。

丹波の黒豆を食べ京都で育った鶏の卵を使用しているそうです。



アイス抹茶ラテ

アイス抹茶ラテを飲みながらまったりしました。


京都の町家の雰囲気は素敵ですね。
ゆっくりとくつろげました。



撮影:Xperia Z5 SOV32
アプリ:美味カメラ


然花抄院(ぜんかしょういん) 京都室町本店



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
| 京菓子 | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link