←prev entry Top next entry→
豚太郎★鍋焼きラーメン

歩きお遍路ぶらり食べ歩きの17日目です。



今日の予定は、土佐市街から36番の青龍寺を経て、須崎市街に入れたらいいなぁ…という感じで考えていました。



早朝から雨の予報です。
9時には雨が上がる予報だったため、今日は少し遅めのスタートにしました。

仮に須崎までたどり着けなかった場合は、途中の浦ノ内あたりで宿を取ろうという二段構えのプランです。



しかし、2つの誤算がありました。


1つ目の誤算は、今日はずっとアスファルトの道だと思い込んでいたら、峠越えが2つも待っていました。

塚地峠
塚地峠


井ノ尻峠
井ノ尻峠


雨上がりの石畳や山道は、めっちゃ滑って危険です(^^;;

かなり時間を浪費しました。



青龍寺
36番 青龍寺



青龍寺から次の37番の岩本寺までは、1泊2日〜2泊3日程度の道のりになります。

入り組んでいる浦ノ内湾です。その湾に沿った曲がり道を進みました。

浦ノ内湾




そして、ここで2つ目の誤算。

須崎までたどり着けない場合に宿泊しようと思っていた浦ノ内の民宿が閉業されていました。



日暮れ前の時間から10kmを歩くのはかなり大変です。
ちょっと泣きそうになりました(^^;;

夕暮れ


途中の遍路小屋で再会したオランダ人のダーリック君は、須崎市街を諦めて今日は野宿をするようでした。


僕は野宿なんて無理!!



市街地までの道路には街灯が全然ないし、完全に日が落ちる前に須崎市街を目指しました。



ビジネスホテルさつき
ビジネスホテルさつき


なんとか須崎市街の宿にたどり着けました。

ホッとしました。




さて、須崎といえば、鍋焼きラーメンが有名です。

須崎に着いた時間が遅かったので、入店できる店の選択肢が限られていて、結局チェーン店のラーメン屋さんの豚太郎に入りました。

豚太郎
豚太郎


メニューを見て、鍋焼きラーメンがあったのでホッとしました。


チャーハン

まずは、チャーハン。

今日はランチを食べる時間を惜しんで歩いたので腹ペコです。
ひとくち食べると胃袋が活発に動き出しました。



鍋焼きラーメン
鍋焼きラーメン


熱々の土鍋が登場しました。


鍋焼きラーメン

グツグツとスープが煮立っているのが分かります。



スープ

豚の背脂が入った熱々のスープです。

豚の背脂は豚太郎さんのオリジナルのアレンジなのでしょうか?
正統派の鍋焼きラーメンを知らないもので、ちょっと判断できませんでした(^^;;



生卵
生卵


とりつくね
とりつくね



麺

麺は伸びにくい中太麺となっていました。


一気にズルズルっとすすると、口の中を火傷しそうなくらいの熱さです。

ハフハフしながら食べました。




斬新なご当地ラーメンですね。

苦労して須崎まで辿り着いた甲斐がありました。



撮影:Xperia Z5 SOV32
アプリ:美味カメラ


豚太郎 須崎糺町店



 にほんブログ村 グルメブログへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
| ラーメン | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: