←prev entry Top next entry→
民宿くもも★ハマチの刺身

歩きお遍路ぶらり食べ歩きの20日目です。



今日も引き続き、足摺岬を目指して歩きます。


宿泊していた黒潮町から足摺岬を目指すには、いくつかのコースがあるようです。

1. 中村を経由するコース
2. 四万十大橋を渡るコース
3. 船で四万十川を渡る下田・初崎渡しのコース(予約制)



僕は土佐西南大規模公園を突っ切り、四万十大橋を渡る最短ルートを選びました。

土佐西南大規模公園
土佐西南大規模公園


土佐西南大規模公園

緑が豊かな公園です。歩いていて気持ちがいいです。




コンビニ
四万十大橋の手前にあるコンビニの休憩所


ちょっと一息。おにぎりを買ってランチにしました。


すると、旅の道中で知り合ったお遍路さんが続々と集まってきて、ちょっとした井戸端会議となりました(^^)



足摺岬の金剛福寺を打った後のルートについても、2つの選択肢があります。

1. そのまま同じ道を打ち戻って延光寺を目指すルート

 メリット: 荷物を預けられる打ち戻りの宿が使える
 デメリット: 同じ道を通るので景色が同じ


2. 足摺岬から竜串海岸、大月町を経て延光寺を目指すルート

 メリット: 竜串などの名所を回れる
 デメリット: 約1日程度遠回りになる



僕はできるだけ旧来のへんろ道を歩きたいという観点なので、打ち戻りをする旧来のへんろ道を選択しました。

この辺りは、人それぞれの考え方があるようです。
ちょうど3:2の半々くらいでした。




そして、そのルートの選択によって、お世話になる宿の選択にも影響してきます。

僕は打ち戻りの宿として人気の民宿くももさんを予約しました。




四万十川にかかる四万十大橋を通過し、一路宿を目指します。

四万十川

四万十大橋



国道321号線沿いに進むと、途中には伊豆田峠が待っていました。

伊豆田峠

伊豆田峠

伊豆田峠

曲がりくねっていて、意外と距離がありました(^^;;



ドライブイン水車
ドライブイン水車


旧来の打ち戻りのルートを選ぶ場合は、ここから足摺岬の38番の金剛福寺を打った後、ここまで打ち戻って39番の延光寺を目指す形になります。




その後、下ノ加江を通過。

下ノ加江

二日前の七子峠で出会ったお遍路カップルが、「下ノ加江を最後に足摺岬まで売店がないから、下ノ加江で必ず食料を補充した方がいいよ」って言っていたのをふと思い出しました。

コンビニはあるようなのですが、湿布や固定用のテープが補充できる薬局がなくて、ちょっと涙目です(T_T)




そして、海岸線を通り、本日の宿に到着しました。

海岸線


民宿くもも
民宿くもも


とっても元気な女将さんが出迎えてくれました。



窓の外の景色

窓からの景色もいいです。


ただ一つ難点は、僕が契約しているキャリア(au)の電波が全く入らないことです。
お仕事に影響があって少し困りました……(x_x)



ご飯は、新鮮なお刺身がメインの素敵なお料理です。

夕食
夕食



ハマチの刺身

脂の乗ったハマチがうまいです。

しかも、ボリュームたっぷり(^^)



食事中には、女将さんが明日のプランを一人一人聞いてアドバイスをしてくれます。

歩きのお遍路さんにとっては、とてもありがたい宿でした。



撮影:Xperia Z5 SOV32
アプリ:美味カメラ


民宿くもも



 にほんブログ村 グルメブログへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホテル・旅館 | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: