←prev entry Top next entry→
善通寺いろは会館★夕食

歩きお遍路ぶらり食べ歩き39日目のつづきです。


うどんの里丸正の売店にてうどんをお接待していただき、73番 出釈迦寺の奥の院である「捨身ヶ岳」について教えてもらいました。

なんでも、幼少の頃のお大師様が我拝師山の断崖絶壁の頂より身を投げると、羽衣を身に纏った天女が降りてきて抱きとめられたという話が伝わっているようです。

とても興味深かったです。



本日の宿は、ここから3kmくらいの場所にある善通寺の宿坊に決めて、予約を取り、そして捨身ヶ岳へ行ってみることにしました。


捨身ヶ岳

顔見知りのお遍路さんに付き合っていただきました。


売店のおかあさんの話では、30分もあれば登れるとのことでしたが、思ったよりも斜度がきつくて、息も切れ切れで登りました。


捨身ヶ岳禅定
捨身ヶ岳禅定


空手で登って、だいたい35分くらいでした。


そして、崖の上を目指します。

岩場

捨身誓願之聖地
捨身誓願之聖地


捨身誓願之聖地

素晴らしい景色です。



さらに上に登る道があったので、先に何があるかを確かめに行きました。

大日如来の像

大日如来様の像があって、そこからは下り道になっていました。

どうやら、ここが我拝師山の頂上のようです。
……もと来た道を戻ることにしました。


岩場は、登りに比べて下りが怖かったです。

無事降りられるように「南無大師遍照金剛」と唱えながら降りました。



さて、売店まで戻ると、本日の宿を目指して再出発です。


甲山寺
74番 甲山寺


善通寺
75番 善通寺



善通寺

お大師様が生まれた場所であり、真言宗善通寺派の総本山でもある善通寺は、境内がとても広く観光客も多かったです。




本日お世話になる宿はこちら。

善通寺いろは会館
善通寺いろは会館


びっくりするくらいキャパシティの大きい宿坊です。
顔見知りのお遍路さんがたくさんいました。



食堂で晩御飯です。

夕食
夕食


精進料理かと思いきや、お肉も使われたお料理となっていました。



お肉


こんにゃくのホイル焼き
こんにゃくのホイール焼き


鍋物

お鍋が煮立ってきた頃に、うどんを投入しました。


うどん


お鍋の出汁がいい味をしていました。

つくねもうまかったです。



デザート

デザートもありました。



品数が多く、けっこう豪勢な夕ご飯でした。

大浴場も大きかったですし、お寺の宿坊というよりは行楽地の旅館というイメージに近かったです。



撮影:Xperia XZs SOV35
アプリ:美味カメラ


善通寺 いろは会館



 にほんブログ村 グルメブログへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
| ホテル・旅館 | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: