←prev entry Top next entry→
BEER PUB TAKUMIYA★豆腐アボカドいくら

「ちょい飲み手帖 京都 Vol.1」全店めぐり の54軒目です。



今日は、ジム友達と烏丸御池方面へ飲みに行きました。

BEER PUB TAKUMIYA
BEER PUB TAKUMIYA(タクミヤ)


西日本のクラフトビールを多く扱う樽生ビール専門店のようです。

カウンター席の前にはビールサーバーがあって、本格的なビアパブという印象を受けました。



ビール

本日飲めるクラフトビールの一覧が掲示されていました。


ちょい飲み手帖を使うと、上二つの 2. or 3.ビールにいずれかになるようでしたが、プラス200円を支払うことで、それ以外のビールも選択可能とのことでした。
(通常はSサイズは750円です。)



北海道出身の友達は5.忽布古丹(ホップコタン)、僕は富山県の4.KOBO Brewery(コボ ブルワリー)を選択したました。



KOBO Brewery
KOBO Brewery(コボブルワリー)


茶褐色のペールエールです。
麦芽の香りが感じられ、とても飲みやすいです。

チェコの醸造スタイルを用いて作られたクラフトビールだそうです。



お料理が登場しました。

お料理

こちらのお店では創作料理も人気のようです。



タラのフィッシュ&チップス
タラのフィッシュ&チップス(ハーフ)


白身魚のフィッシュ&チップスは、ビールと合うパブの定番メニューですよね(^-^)

昆布でしめたタラは少し和風なテイストを感じました。



豆腐アボカドいくら
豆腐アボカドいくら


ペースト状のアボカドといくらが絶妙なマッチング。

いくらのプチプチ感と豆腐の相性もいいですね!!



箸置き

可愛い箸置きです。

クラフトビール好きの常連さんも多いようで、カウンター席では、気軽に隣人が話しかけてくれる和やかな感じでした。



いい感じのお店だったので、もう少しこの雰囲気を味わおうと、追加で注文しました。

生牡蠣
生牡蠣


宮城県の雄勝町で育てられた大きめの真牡蠣です。

緑豊かな山々に囲まれた雄勝湾では、森からのミネラルを含んだ湧水が海へと流れ込み、美味しくて大きい牡蠣が育つそうです。


生牡蠣、蒸し牡蠣、カキフライなどの美味しい調理方法があるみたいですが、今回はそのまま生牡蠣でいただくことにしました。



生牡蠣

たしかにかなりのビッグサイズです。

レモンを絞っていただきました。



牡蠣

ひとくち噛むと、牡蠣のエキスがジュワッと溢れ出し、口の中が幸せで満ち溢れていくような感覚になりました。

これは、うまい(^-^)



素敵な感じのビアパブでした。

取り扱うクラフトビールの種類も日々変わって行くようなので、いろんな種類のクラフトビールを試したい人には魅力的なお店ですね!!


また飲みに行ってみたいです。



撮影:Xperia XZs SOV35
アプリ:美味カメラ


BEER PUB TAKUMIYA(タクミヤ)



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ


タクミヤダイニングバー / 烏丸御池駅丸太町駅(京都市営)京都市役所前駅

夜総合点★★★★ 4.0


このエントリーをはてなブックマークに追加
| バー・パブ | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: