←prev entry Top next entry→
鳥料理・とり焼き 火の鳥★ハラミ、もも、ハツ、心残りのとり焼き

ちょい飲み手帖 京都 Vol.2 全店めぐり」の3軒目です。


今日はジム友と一緒に、河原町にある鳥焼肉のお店へ行きました。

鳥料理・とり焼き 火の鳥
鳥料理・とり焼き 火の鳥


朝引きした新鮮な「京赤地鶏」を焼いて食べられるお店のようです。



店内


網

各テーブルには、焼肉用のセットが設置されておりました。

鶏肉をメインにした焼肉店というのは珍しいように思います。



ビール

まずはビールで乾杯です。

ちょい飲み手帖の「サシ飲み」の対象となっており、フード&ドリンク4杯が3,000円で食べられました。



トリハム
トリハム(ハーフ)


鶏肉で作ったハムのようです。

ニンニクの入った味噌ダレでいただきました。



さて、メインの鳥焼肉をいただきます。

ハラミ、もも、ハツ、心残り
ハラミ、もも、ハツ、心残り


これで2人分。インスタ映えする色鮮やかさです(^^)



鳥焼肉

鶏肉の脂がたっぷり。

いい音を立てて鶏肉が焼かれていきます。



ハツ

ハツはジューシーです。
噛むほどにお肉の旨味が口の中に広がりました。


また、もも肉は歯ごたえのあるしっかりした食べ応え。
新鮮なお肉はやっぱりうまいです(^-^)



薬味

いろんな種類の薬味がありました。

お好みに合わせて試すことができました。



ドリンクをお代わりです。

まっこり

僕はマッコリ、友達はハイボールにしました。



さて、ドリンクもたっぷりだし、追加でお肉をオーダーしました。

ミンチ
京赤地鶏の自家製鳥ミンチ


ぼんじり
ぼんじり


脂分がたっぷり乗ったプリッとしたお肉です。

おもしろい食感ですね。



卓上にある、ニンニクの入った味噌ダレが人気のようです。

みそタレ

お肉と一緒に食べるのはもちろんのこと、キャベツやごはんにも合う味噌ダレのようです。

これだけでごはんを食べる外国人の観光客もいらっしゃるそうです。



また、この味噌ダレを塗った焼き鳥を新メニューして考案中だそうです。


これは次回の来訪が楽しみですね(^^)/

京都のブランド鶏の「京赤地鶏」を堪能できました。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



お店の情報:

とり焼き肉 火の鳥
とり焼き肉 火の鳥
ジャンル:朝挽き鶏を楽しむ!
アクセス:阪急京都線河原町駅 徒歩1分
住所:〒604-8024 京都府京都市中京区高瀬川筋四条上ル紙屋町372-2(地図
ネット予約:とり焼き肉 火の鳥のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 木屋町・先斗町×居酒屋
情報掲載日:2019年2月8日



鳥料理・とり焼き 火の鳥



とり焼き肉 火の鳥焼肉 / 河原町駅祇園四条駅三条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9


このエントリーをはてなブックマークに追加
| 焼肉 | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: