←prev entry Top next entry→
Crafthouse Kyoto★クラフトビール

本日は、ジム友達と飲んだ帰りに、一緒に七条木屋町にあるビアパブへ行きました。


Crafthouse Kyoto
Crafthouse Kyoto(クラフトハウス キョウト)


1/30にオープンしたクラフトビールが楽しめるパブです。


烏丸御池にある、あのTakumiya高野麦酒店の系列店のようで、満を持して七条通りに新店を出されたようです。
Takumiyaさんのスタッフが、こちらの新店に移ってきていました。



実はオープン当日にもジム友と一緒にこちらを訪れたのですが、オープン日は招待制となっていて、結局入れず終いでした。
今日はそのリベンジとして、やってきました。



黒板

本日飲むことができる12種類のビールが黒板に書かれていました。

Takumiyaと同じように、日本国内のクラフトビールが楽しめるようです。



ライト

真新しくて、ムードのあるライティング。
ビールを楽しむには素敵な雰囲気の店内です。



せっかくですので、店内を見せてもらいました。

階段

二階席もあるようです。



二階席

窓からは七条通りを見下ろすことができて、夏場は気持ちがよさそうですね!!



二階席

築100年の町家を改装したということで、その面影を残し、一部が吹き抜けになっておりました。

2階からも注文ができそうな距離感ですね(^-^)



扉

スライド式の扉もあって、扉を閉じると個室になる部屋もありました。

こっちはゆっくりデート用の席なのでしょうかね???



さて、店内の散策が終わると、1階のカウンター席でクラフトビールをいただきました。

目の前にあるタップから、勢いよくビールが注がれました。

テキカカシードル

もりやま園の「テキカカシードル」。そして、ビアへるんのペールエールです。


芳醇なリンゴの香りのシードルです。
この「森」のマークのコースターは、もりやま園さんのオリジナルコースターのようです。


僕は褐色のペールエールをいただきました。

和風スパイシーナッツ
和風スパイシーナッツ


ナッツに七味が降りかけられており、ビールが進むスパイシーさです(^^)
量もあって、ぴったりなおつまみでした。



ノースアイランド

2杯目は、北海道のノースアイランドのヴァイツェン。

「ハルユタカ」という北海道江別産の小麦を使ったビールです。
苦味が少なくヴァイツェン特有の小麦の楽しみ方ができました。


友達の2杯目は、徳島県の2nd Story Ale Worksのベルリーナー・ヴァイセを注文していました。
ひとくちもらうと、酸っぱさを感じる新感覚のビールでした。



ポテサラ

おつまみに、ポテサラを注文しました。

この春にオープンを予定しているBoulangerie MoriMori(ブランジェリー モリモリ)さんのパンを特別に添えてもらいました。



ポテサラ


ポテサラにはブラックペッパーが効いていて、そのまま食べても美味しいですが、もちふわのパンと一緒に食べると尚美味しかったです。



ついつい長居しちゃって、3杯目に突入です。

里武士

僕は里武士(りぶし)のJoy Juice ver.2です。

ニューイングランドIPAのフレッシュな味わいを楽しみました。



ウィートワイン

友達は湘南ビールのウィートワイン。

ウィート(小麦麦芽)を使用した、ワインのようにハイアルコール度数(8.5%)のビールです。
丸いグラスで美味しそうに飲んでいました。


さらに、好奇心旺盛な友達は、隣に座っておられた男性と仲良くなって、インペリアルスタウトも飲ませてもらっていました。
羨ましい(^^)



というわけで、日本各地の個性的なビールが勢揃いしていました。

チョイといい感じのパブで味わうクラフトビールには、プレミア感があってワクワクしますね。
しかも、京都駅から歩いて来られる距離にあるというのが嬉しいです。


またふらっと遊びに行きたいです。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



Crafthouse Kyoto(クラフトハウス キョウト)




Crafthouse kyotoパブ / 七条駅清水五条駅京都駅
夜総合点★★★★ 4.1


このエントリーをはてなブックマークに追加
| バー・パブ | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: