←prev entry Top next entry→
よこやまろうそく★鴨まんじゅうしょうがあんかけ

ちょい飲み手帖 京都 Vol.2 全店めぐり」の41軒目です。



今日は、仕事帰りに、木屋町の方面に呑みに行きました。

よこやまろうそく
よこやまろうそく


裏路地を1本入ったところにある「たかせ会館」という雑居ビルの中にお店がありました。



よこやまろうそく

雰囲気のある入り口です。



ろうそく

店主さんの実家が和ろうそくのお店のようで、店内でもろうそくを販売されていました。

独特の味のあるカウンター席ですね(^-^)



まず最初に、お出汁が出てきました。

お出汁

クリアな味わいです。


最初にお出汁を味わう趣向のようです。
和食の基本である「お出汁」を大切にされていることが伺えます。



日本酒冷蔵庫

ドリンクは、ショーケースのような冷蔵庫から、自分で好きなものを選んでくるスタイルのようです。



三井の寿
三井の寿(みいのことぶき)


福岡県のお酒です。
以前、ネットで見かけたことがあって、一度飲んでみたいと思っていたお酒です。



三井の寿

ダブルA面のラベルとなっています。

バスケ漫画の「スラムダンク」の登場人物の三井 寿(みつい ひさし)の名前の由来ともなっています。
原作者の井上雄彦さんが好きなお酒だったことから、登場人物の名前に取り入れたそうです。



日本酒

キレのある辛口の日本酒となっていました。



酒のあて3種盛り
酒のアテ3種盛り


店主さんは、もともと翠江(すいこう)という和食の創作料理のお店で働いていたそうです。

和風のアテとお酒の相性も最高です(^-^)



ちょい飲み手帖を使うと、鴨まんじゅうしょうがあんかけ、牛肉しぐれ煮、砂ずりのポンズ漬の中から1種類を選ぶことができました。

鴨まんじゅうしょうがあんかけ
鴨まんじゅうしょうがあんかけ


鴨まんじゅうが中に入っていて、たっぷりの餡で満たされていました。

レンゲで鴨饅頭をよく潰して食べるよう、おすすめされました。



鴨まんじゅうしょうがあんかけ

和食ならではの一品です。

ほっこりと体が温まりました。




追加で、お酒とお料理を注文しました。

かぜやわらか
風和(かぜやわらか)


新潟県のお酒で、佐渡産「五百万石」を使用した活性濁り酒です。

万葉集にある歌の序文「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から取った「風和」の2文字がお酒の名前になっているそうです。



かぜやわらか

酵母がまだ生きており、シュワシュワーっとした炭酸と一緒に、麹の香りを楽しむことができました。



鯖寿司
鯖寿司


ちょうどいいお酢加減。こちらも素敵な味わいです。



お会計をすると、しじみ汁のお出汁を出してくれました。

しじみ汁


お出汁に始まり、お出汁に終わる。

和食の流儀なのかはよくわかりませんが、素敵なおもてなしだと思いました。



雰囲気のいいお店でしたので、また行ってみたいなぁと思いました。



追伸:

新元号の「令和」の由来も、万葉集の歌の序文であることから、「風和」が話題になっていることを後日に知りました(^-^)



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



よこやまろうそく



よこやまろうそく割烹・小料理 / 河原町駅祇園四条駅三条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


このエントリーをはてなブックマークに追加
| 和食 | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: