←prev entry Top next entry→
竹邑庵太郎敦盛★追っかけ皿そば

今日のランチは、京都御所の近くにあるお蕎麦屋さんへ行きました。


竹邑庵太郎敦盛
竹邑庵太郎敦盛(ちくゆうあんたろうあつもり)


細い路地を入っていた場所にお店の入り口がありました。

箱に入れて蒸すタイプの「あつもりそば」を提供してくれるお店のようです。



靴を脱いでお店に入りました。


和風の店内


店内

椅子に腰をかけるテーブル席とお座敷席の2つのタイプの席がありました。

格式があるような和風の店内の印象です。



まずは、蕎麦湯が登場しました。


蕎麦湯を飲みながらメニューを確認しました。

メニューは、あつもりそば、追っかけ皿そば、すずしろそば(数量限定)の3種類のみとなっており、純粋なお蕎麦屋さんということがうかがえます。


悩んだ末に、写真映えしそうな「追っかけ皿そば」を選択しました。



出汁と薬味

とろろやたまごにアレルギーないか訊かれ、まずは赤いお椀に入った薬味、出汁、梅干しが登場しました。

梅干しはお好みのタイミングで食べるといい旨のご説明がありました。



薬味

たっぷりの九条ネギの下には鶏卵が隠れているようです。



薬味

こちらを掻き混ぜて準備完了。お蕎麦の登場を待ちました。



追っかけ皿そば
追っかけ皿そば


5つの小皿に盛られた蕎麦が登場しました。



追っかけ皿そば


一般的なお蕎麦よりも、蕎麦の黒い色が出ている印象です。


お椀の出汁にお蕎麦を浸けて食べました。


蕎麦

蕎麦には強い弾力があり、噛むと蕎麦の風味が口の中に広がりました。

とろろや卵黄を絡め、少し異次元の蕎麦の味わい方のように思いました。



追加

お蕎麦は1皿100円から追加することが可能でしたので、2皿追加しました。



蕎麦湯

蕎麦と具材を食べ終えると、やかんの蕎麦湯をお椀に注ぎ締めました。



蕎麦湯

蕎麦湯でほっこり。余韻を楽しむことができました。


普段味わうお蕎麦とは少し変わった形のお蕎麦の味わい方でした。


こういう味わい方もあるんですね!!
楽しかったです。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



お店の情報:

竹邑庵太郎敦盛
竹邑庵太郎敦盛
ジャンル:あつもりそば
住所:〒602-0000 京都府京都市上京区椹木町通烏丸西入ル養安町242-12(地図
周辺のお店のネット予約:
亀屋権八 二条本店のコース一覧
弧玖のコース一覧
鳥獣戯画 三条店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 二条城×そば
情報掲載日:2020年2月5日



竹邑庵太郎敦盛



竹邑庵太郎敦盛そば(蕎麦) / 丸太町駅(京都市営)烏丸御池駅二条城前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4


このエントリーをはてなブックマークに追加
| そば | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: