←prev entry Top next entry→
みなとや幽霊子育飴本舗★幽霊子育飴

各札所の名物スイーツを食べ歩く「西国三十三所 スイーツ巡礼」。

17番目の札所は六波羅蜜寺です。


六波羅蜜寺は、京阪五条駅から歩いて行ける距離にあり、自転車で向かいました。


六波羅蜜寺
六波羅蜜寺


天暦5年(951年)に開創されたお寺のようです。



六波羅蜜寺


六波羅蜜寺


古いお寺の建物が残るものの、わりと近代的な一面も見せる……そんな印象のお寺でした。



お参りしたあとは、近くにあるお店で巡礼スイーツを買い求めました。

みなとや幽霊子育飴本舗
みなとや幽霊子育飴本舗


幽霊子育飴や宇治のお茶を販売するお店のようです。

歴史は古く、店主さんの話では、この場所で500年ほどお店を構えているようでした。



幽霊子育飴
幽霊子育飴


墓地の近くのある店に、毎晩女が飴を買いに来て不審に思った店主が跡をつけると、その女は墓地に消えていった。
翌日、その墓地を訪れると、墓地から子供の鳴き声が聞こえてき、掘り起こしてみると、女の遺体の横で赤子が飴をしゃぶっており、それ以降、女が飴を買いに来ることはなかった。
という話が伝わっているそうです。

これが幽霊子育飴の由来だそうです。

また、この話に着想を得た水木しげるが「ゲゲゲの鬼太郎」のモデルとして、作品が世に誕生したようです。



幽霊子育飴

家に帰って、さっそく開封してみました。



幽霊子育飴

綺麗な琥珀色です。不揃いの飴がたっぷりです。

素朴な飴でした。



歴史のある飴を楽しむことができました。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



みなとや幽霊子育飴本舗



みなとや 幽霊子育飴本舗和菓子 / 清水五条駅祇園四条駅京都河原町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


このエントリーをはてなブックマークに追加
| お土産 | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: