←prev entry Top next entry→
鍵善良房★祇園まもり

お昼ごはんを調達しに出たついでに、祇園の方面へ足をのばしました。


鍵善良房
鍵善良房(かぎぜんよしふさ)


江戸時代の中期(享保)から、京都祇園の花街にお店を構える老舗の和菓子屋さんです。

立派な店構えとなっていました。



店内

年代物の古風な家具が並ぶ店内です。

特に「くずきり」が人気のお店となっており、祇園を訪れた観光客に楽しまれています。



店内

このたびのコロナ禍で、くずきりが食べられる喫茶スペースは閉鎖されておりましたが、和菓子の販売は行われていました。



テイクアウト

目的のお菓子を買って帰りました。



祇園まもり

祇園まもり」というお菓子です。



祇園まもり

夏に行われる京都の「祇園祭」は、厄除けに由来しています。

そのシーズンに、もともと鍵善さんでは「祇園まもり」というお菓子が作られていました。


それが、このたびの新型コロナ騒動の早期終息を祈念して、特別に作られたそうです。



祇園まもり
祇園まもり


求肥を小麦粉の焼き皮で包んだ生菓子です。

八坂神社の御神紋である「五瓜に唐花(ごかにからはな)」と「左三つ巴(ひだりみっつともえ)」の2つの紋の焼印を押されたタイプが、従来の「祇園まもり」のようです。


「蘇民将来子孫也」の災厄払いの護符の焼印のタイプは、今回特別に作られたようです。



祇園まもり

「蘇民将来子孫也」には、和三盆の糖蜜入りの求肥が使われていました。



祇園まもり

さっそく食べてみました。



祇園まもり

もっちりとやわらかい求肥の食感です。

くるりと巻かれた生地の甘さに、和三盆の上品な甘さが折り重なっていました。



祇園まもり

この求肥のやわらかさが素敵です。

ぺろりと3つ食べちゃいました(^-^)



普段は祇園祭の時期にしか食べられない生菓子を楽しむことができました。

はやく新型コロナ騒動が終息して欲しいと願うばかりです。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



お店の情報:

鍵善良房 四条本店
ジャンル:和菓子
アクセス:京阪本線祇園四条駅7番口 徒歩3分
住所:〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側264(地図
周辺のお店のネット予約:
祇園ビストロ 丸橋のコース一覧
お好み焼 きらく 清水五条坂店のコース一覧
やきとり家 すみれ 京都三条鴨川店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 祇園×甘味処
情報掲載日:2020年5月8日



鍵善良房(かぎぜんよしふさ) 四条本店



鍵善良房 四条本店甘味処 / 祇園四条駅京都河原町駅三条京阪駅
昼総合点★★★★ 4.0


このエントリーをはてなブックマークに追加
| スイーツ | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: