←prev entry Top next entry→
京乃雫(きょうのしずく)★たこ焼き

今日は、梅小路公園の西側にある、たこ焼き屋さんへ行ってみました。


京乃雫
京乃雫(きょうのしずく)


たこ焼きと一緒にビールを楽しむ「たこ焼き居酒屋」というスタイルのお店のようです。


こちらのお店の店主さんは、新型コロナウィルスの影響によりお店が潰れそうという内情をTwitter上で吐露し、さらに「とどのつまり、このアカウントは実質今後二カ月間、滅びゆく店の実況アカウントとなります」と形容してバズっていました(^-^)


お店の近くまで行ったので、微力ながら応援を兼ねて訪れてみました。



店内

2019年の10月にオープンしたということで、綺麗な店内となっていました。



メニュー

たこ焼きの他には、焼きそば、とん平焼き、ホルモン焼きなどのメニューがありました。

これらを食べながら、生ビールやクラフトビールを楽しめるようでした。



テイクアウト

緊急事態宣言下の現在は、お昼のみの営業をされているようです。


たこ焼きをテイクアウトしました。


たこ焼き
たこ焼き(8個)


ソース、かつお節、マヨネーズ、紅生姜、ネギをかけてもらいました。

店主さんはこれを「フルセット」と呼んでいました。


店内飲食の場合は、何もかけずにたこ焼きを出すそうです。

そして、お客の好みに合わせて、セルフサービスでソースやトッピングを楽しんでもらうシステムのようです。



たこ焼き


たこ焼き

つなぎをあまり使っていないという生地は、フワッとしていました。

テイクアウトの場合、時間が経ちすぎるとフニャッとしてしまうことがあるようです。それはそういう「仕様」ということでした。



生地には国産鰹節の出汁をたっぷりと沁み込ませているそうです。

店内飲食の場合、まずひとつ目は何もつけずにそのままで食べるようにオススメし、出汁の味を楽しんでもらっているそうです。


たこ焼き

ということで、ひとつ目は、タレが極力かかっていないたこ焼きを味わってみました。

確かに出汁のいい味が出ており、出汁の甘みを感じることができました。



たこ焼き

続いて、ソースがたっぷりとついたたこ焼きをパクリ。


出汁の味とソースの味が口の中で絡みます。

タコは大きく、生地はふわっと焼かれていました。



これはビールに合いそうなたこ焼きですね!!

ちゃんとたこ焼きに対するこだわりがあって、お店が簡単に潰れてしまうのは惜しいなぁ…という気もしました。


また近くに行った際は、存続確認をしに立ち寄ってみたいと思いました(^-^)



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



京乃雫(きょうのしずく)



京乃雫居酒屋 / 梅小路京都西駅東寺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7



このエントリーをはてなブックマークに追加
| ひとくちフード | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: