←prev entry Top next entry→
水だき 萬治郎★親子丼

今日は、祇園の巽橋の近くにある、人気の水炊きのお店へと行ってみました。


水だき 萬治郎
水だき 萬治郎


1日5組限定という、水炊きコースの専門店です。


水炊きの営業は、10月〜4月までの冬期のみ営業をされているようです。

それ以外の休業シーズンは、親子丼と肝丼の専門店として営業しているようでした。



水だき 萬治郎

祇園にふさわしい店構えとなっていました。



通路

竹の板塀に挟まれた路地を進むと、お店の玄関が見えてきました。



玄関

歴史が感じられる昔ながらの町家の玄関でした。

特に事前予約をしていなかったため、親子丼を玄関先で注文しました。



待合室

すると、待合室に通していただきました。



お茶

お料理ができるまで、お茶をいただきながら待たせてもらいました(^-^)



うちわ

室内を写真撮影させてもらっていたら、お庭の写真も撮ってもいいですよーって言っていただけました。



座敷

せっかくなのでお言葉に甘えて、お座敷やお庭を見させてもらいました。



中庭

とても風情のあるお座敷です。中庭の池では鯉が泳いでいました。


こんなお座敷で水炊きが食べられたら素敵だろうなぁ…と思いながら、静かな池を眺めていました(^-^)


ちなみに、10月以降の予約の受付はもうはじまっているようです。今なら比較的予約が取りやすいそうです!!



さて、テイクアウトしたお料理をさっそく食べてみることにしました。

親子丼

ピリ辛の鳥そぼろが別容器で添えられていました。



親子丼
親子丼


ごはんと具材がセパレートになっていました。

オレンジ色の卵が美味しそうです!!



親子丼

とろっとした卵の中には、鶏肉やネギもたくさん入っていました。



鶏肉

ふわっとした卵は、甘く味付けされていました。

玉子の旨味が感じられ、ネギがいいアクセントです。


鶏肉はぷりっぷり。そして、がっしりとした肉感を味わうことができました。



ピリ辛の鶏そぼろは、単品で食べると思ったよりもピリっとしていて食欲が増す思いです。

鶏そぼろを卵の中に入れて食べました。


鶏肉

すると、ピリ辛さが卵の甘さと合わさって、味が豊かになりました。

山椒の実も入っていて、とても味わい深いです。



完成度の高い親子丼のように思いました。

けっこううまかったです。



ちなみに、今回は店内飲食よりも500円安いテイクアウトバージョンの親子丼でした。

店内で食べる場合は、水炊き用の鶏スープや朧豆腐もセットになっているようです。


コロナの心配がなければ、お庭を眺めながら店内で食べるのもアリですね!!



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



お店の情報:

水だき 萬治郎
ジャンル:鶏料理
アクセス:京阪本線祇園四条駅9番口 徒歩3分
住所:〒605-0087 京都府京都市東山区元吉町58(地図
周辺のお店のネット予約:
THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTOのコース一覧
京おばんざいとお酒 和 〜やわらぎ〜のコース一覧
LURRA゜のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 祇園×鶏料理(鳥料理)
情報掲載日:2020年6月4日



水だき 萬治郎



水だき 萬治郎水炊き / 祇園四条駅三条京阪駅三条駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


このエントリーをはてなブックマークに追加
| | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: