←prev entry Top next entry→
新潟カツ丼 タレカツ★二段もりカツ弁当

今日は、四条にあるトンカツのお店からテイクアウトをしてみることにしました。

京都市下京区の綾小路柳馬場の角に、目的のお店がありました。


新潟カツ丼タレカツ
新潟カツ丼 タレカツ


新潟市の名物の「タレかつ丼」のチェーン店のようです。

こちらは、京都本店だそうです。


東京にある本店は、食べログのトンカツ部門にて「百名店」にも選ばれており、興味を持ちました。



店内

木を基調とした店内です。落ち着いた雰囲気がありました。



お弁当

予約したお弁当を受け取って帰りました。

こちらのお店は、コロナに関係なく、もともとテイクアウト販売が実施されていたようでした。



タレカツ

包み紙には、レンガ造りの建物のイラストが描かれていました。

幕末から明治時代にかけて、横浜港などと並んでいち早く開港された新潟市は、西洋料理の盛んな街として知られているようです。



そんな新潟において、西洋料理のトンカツが独自の進化を遂げたそうです。

トンカツを甘辛醤油ダレにくぐらせた、卵でとじないかつ丼は「新潟カツ丼」と呼ばれているようです。



今回は、その新潟カツ丼にも使われる、タレカツを使ったお弁当をテイクアウトしました。

二段もりカツ弁当
二段もりカツ弁当


タレカツが6枚も使われているお弁当のようです。



生姜

練り辛子、山椒、そして、生姜が脇に添えられていました。



タレカツ

ごはんの上には、4枚のタレカツが乗っていました。


あれ、4枚だけ???

6枚のもりカツのはずだったのに???… と、不思議に思いました。



トンカツ

さっそく、トンカツを食べてみることにしました。


カツレツが起源とされるタレカツには、薄いお肉が使われているようです。

薄いながらも、大きめのサイズなのでお得感がありました。



トンカツ

和豚もちぶた」というブランド豚を使ったというトンカツは、歯切れがよくて、それでいてジューシーな味わいです。

甘辛の醤油ダレが、食欲を掻き立てました(^-^)



二段

ごはんを食べ進めると、ごはんの下からタレカツが顔を出しました。

こういう二段構成の「二段もりカツ弁当」ということなんですね!!



カツを食べる合間に、生姜をひとつまみ。


タレカツと生姜の不思議な組み合わせです。

生姜が、いい具合に口の中をリフレッシュしてくれる感じがしました。



ねりからし

カツには、からしがめっちゃ合いました。うまいです!!



山椒

山椒をかけて、風味を変えて楽しみました。



お弁当をぺろりと食べちゃいました。

見た目以上にボリュームがあって、満腹になれました。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ



お店の情報:

タレカツ 京都本店
ジャンル:カツ丼
アクセス:阪急京都本線京都河原町駅12番口 徒歩2分
住所:〒600-8052 京都府京都市下京区塩屋町44 バンカハウゼ7 1F(地図
周辺のお店のネット予約:
京料理 花咲 錦店のコース一覧
炉端焼 高知 三条大宮店のコース一覧
宝堂 〜KARASUMA〜のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 四条烏丸・烏丸御池×カツ丼(かつ丼)
情報掲載日:2020年9月9日



新潟カツ丼タレカツ 京都本店




Youtube: 【京都テイクアウト】新潟市の名物である新潟カツ丼の人気店からタレカツ弁当をテイクアウト|新潟カツ丼 タレカツ 京都本店






タレカツ 京都本店かつ丼・かつ重 / 烏丸駅四条駅(京都市営)京都河原町駅
テイクアウト総合点★★★☆☆ 3.6


このエントリーをはてなブックマークに追加
| トンカツ・フライ | comments(0) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
name:
email:
url:
comments: