←prev entry Top next entry→
京都版 Go To Eat キャンペーン★プレミアム付食事券の利用店舗をまとめてみた

2020年10月1日から「Go To Eat キャンペーン」の一部が始まりました。

新型コロナウィルス感染症の影響を受けた飲食業界を支援する目的ということで、このキャンペーンには大賛成です(^-^)



自分が住んでいる京都府Go To Eatってどうなっているんだろう???と思い、自分なりに調べてみました。



まずは、Go To Eatキャンペーンの概要についてです。

GO TO EATキャンペーンタイプ

「オンライン飲食予約」と「プレミアム付食事券」の2つのタイプがあるようです。



1. オンライン飲食予約


オンライン予約対象サイト

「食べログ」や「ぐるなび」などの飲食予約サイトにて、予約して飲食を楽しむと、次回以降に使用できるポイントが付与されるようです。


1回の予約につき、1人あたり、お昼は500円分、夜は1,000円分。

一度に最大で10,000円分のポイント(10人分)がもらえ、次回の予約でそのポイントが利用できるようです。



予約システム

注意点として、飲食予約サイトの予約システムを経由して、イートインを利用する場合に限るようです。

行きたい飲食店が、予約システムに対応していない場合は、キャンペーンの恩恵にはあずかれないようです。



2. プレミアム付食事券


25%up

プレミアム付食事券は、各都道府県等の単位で販売されます。

購入金額に、25%分を上乗せして利用できる食事券のようです。


京都の場合だと、食事券1冊を4,000円で購入し、利用する際は5,000円分として利用できる仕組みです。



テイクアウトにも利用可

しかも、一部のテイクアウトとデリバリーにも対応しているようです。


「Go To Eat」の趣旨として、原則はテイクアウトやデリバリーを専門に行うお店は対象外のようです。

ただし、飲食店が自らのサービスとして、テイクアウトやデリバリーを行う場合は、食事券が利用可能なようです。




テイクアウト派の感想

2つのキャンペーンの内容を確認した感想です。

高単価のいいお店であるならば、食事券を利用した方がお得感が得られそうですね。
一方、オンライン飲食予約の方は、単価が低めのお店を何度もリピートした時にお得になれそうな印象です。

いずれにせよ、行きたい飲食店がキャンペーンに対応しているかどうかがポイントです。



ちなみに、僕個人としては、まだまだ外食は遠慮したいなぁ…と考えています。

なので、利用するとしたら「プレミアム付食事券」になるかと思います。



そのため、プレミアム付食事券について、さらに詳しく調べてみました。


以降、京都版のプレミアム付食事券に関する内容になります。

京都版


京都 GoToEat 事務局というWebページの内容を読んで、自分なりにまとめてみました。


利用できる期間についてです。

利用できる期間

食事券を利用できる期間
2020年10月20日〜2021年3月31日

食事券を予約(購入)できる期間
2020年10月7日〜2021年01月31日(※ざっくりと)



購入方法

続いて、購入方法についてです。


ファミリーマートの専用ページ(https://www.funity-rs.jp/kyoto/)から事前予約し、ファミマ店内のFamiポートにて受け取りが可能なようです。
※2020/10/01現在では、まだ専用ページが立ち上がっていませんでした。乞うご期待です。


食事券は、160万冊を発行予定で、なくなり次第終了だそうです。




さて、京都版のプレミアム付食事券の仕組みに関して、自分が感じたメリットとデメリットについて、まとめてみました。


メリット

まずは、メリットから。

1. 25%分お得に飲食を楽しめる。
2. 感染症対策のガイドラインに則っているお店を利用できる



食事券


1,000円券×3枚、500円券×4枚の合計5,000円分の食事券が、4,000円で購入できるというのは、単純にありがたいですね!



感染症対策

また、対象の飲食店は、感染症対策がきちんと実施されていることが期待できます。

飲食店がこのGo To Eatキャンペーンに参加するためには、国が定めた感染症対策のガイドラインに沿う必要があるようです。


もちろん、ガイドラインに沿えば万全であるというわけではありませんが、対策なしのお店よりは、安心して利用できるかと思います。



デメリット

続いて、デメリットについてです。

おつりが出ない。利用期限がある。食事券を使えるお店を探すのが面倒の3つが考えられます。


おつりが出ないというのは、「消費喚起」という、事業の趣旨によるものらしいです。



不正防止

また、不当な利益授受を防止する目的もあるみたいです。

たとえば、1,000円の食事券を使って200円の商品を購入したとします。
その際に、800円の現金をおつりとして受け取るようなことができてしまうと、不当な現金化のスキームにもなりかねませんし…。

まぁ、妥当かと思います。



おつり

「おつりが出ない」件については、一般的な商品券と同等の解釈でいいと僕は思っています。

つまり、800円の飲食をした時に1,000円の食事券で支払った場合は、当然おつりなし。
一方、500円の食事券と500円の現金で支払った場合は、200円のおつりが返ってくるという解釈です。

普通はこういう解釈でいいんですよね???
(間違っていたら教えてください)



利用期限

それから、食事券を払い戻しできない点も注意ですね(^^;;

利用期限を過ぎると、紙クズ同然になっちゃうようです。


食事券は、上限なく何冊でも購入できるようですが、ご利用は計画的に…ですね(^^;;



どこで使えるの

最後に、プレミアム付食事券はどのお店で使えるの??? って話です。

せっかくお得な食事券を買っても、使えるお店が分からないのでは意味がありません。


利用可能店舗は、店頭にポスターやステッカー等を掲示する想定のようです。

それから、京都 GoToEat 事務局のWebページでも検索が可能です。


ただし、2020/10/01時点で対象店が2,006件も登録されていて、結構検索がたいへんです。



以上が、僕が個人的に感じたプレミアム付食事券のメリットとデメリットです。



そして、デメリットの一番最後の「お店の探しにくさ」はどうにかならんのかな?と考えました。

そこで、Google のマイマップ上に、利用可能店舗をマッピングしました。



https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=10GfC3n8UAtbmPl1qdQ1P9VsHA5FVuhWH


地図上で、プレミアム付食事券を使えるお店を確認してみると、意外と自分の生活圏に多いことがわかりました。

しかも、ミシュランガイド掲載店や食べログの高評価店もたくさんです。


マイマップは誰でも使えるので、よかったら使ってください!!
(好評なら、今後もちゃんとメンテナンスしていきます)



結論

結論として、プレミアム付食事券はけっこう使えそうと思いました。

どうせ、飲食店を利用するのであれば、これは使わないともったいないなぁ…と感じました(^-^)



まだまだテイクアウト派な僕ですが、プレミアム付食事券によるテイクアウトを中心に、このGo To Eat キャンペーンに貢献できたらいいなぁ…と感じました。



追記(重要)

Android版のGoogle Mapアプリにてマイマップを表示すると、マイマップのピンが表示され続けるというご報告を受けております。

もし、お困りでしたら、こちらの解除方法をご覧ください。



 にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ


(※文中、いらすとやさんの画像を16枚使用させていただきました。感謝致します)



Youtube: 【京都版】GoToEatキャンペーンのプレミアム付食事券の利用店舗をまとめてみた【GoToイート】








このエントリーをはてなブックマークに追加
| 日常 | comments(1) | - | - | - |
■Sponsored Link
Comment
2020/10/04 5:33 PM posted by: ゆあ
iPhoneで地図が開けません。
name:
email:
url:
comments: